7大アレルゲン不使用!100%米粉のお菓子「こめっこ」

小麦、卵、乳製品、そば、ピーナッツ、かに、エビを含まないアレルギー対応のお菓子を作っています。

お米の粉100%、無添加のお菓子は体に優しく、砂糖は通常な半分!ダイエットにも最適です。

 

line2

こめっことは

7大アレルゲンフリーのお菓子を販売しています。

小麦の代わりに米粉を使うので、「100%米粉のお菓子 こめっこ」にしました。

お子さんでもわかりやすく、ひらがながいいなと思ったからです。

 

お菓子づくりのきっかけ

赤ちゃんは「つるつるのお肌」だと思っていたのですが、私の子どもは「肌がいつもつらそう」な状態でした。

4か月検診で「もしかしてアトピーではないですか?」と保健婦さんから進められて病院を受診したのが、

アトピーとの付き合いはじめです。これからアレルギー対応生活が始まりました。

まずは食事です。

「小麦、卵、乳製品、そば、ピーナッツ、エビ、カニ、魚卵」を抜いた食生活。

離乳食の間は、野菜とご飯でしたが、だんだん食事の量も増えます。

そして、子ども同士で遊ぶようになると「おやつ」の問題がでてきました。

児童館で遊んでいても、子育てサークルに行っても、公園で遊んでいても「おやつ」は出てきます。

いつも食べられるおやつを持ち歩いて「差替えてもらう」か「場所を離して間違えないようにすると対応してもらいました。

おやつの種類も限られるのでインターネットで「アレルギー対応のおやつ」を買いました。

試しに買ったおやつは「手のひら半分くらいの小さなドーナツ」と「米粉だけのパン」です。

ドーナツは驚くほど美味しくなくて、パンは固くてかじられません。

「なに?これ!!」

そして、価格は通常のお菓子の5倍くらいするのです。唖然としました。

「ほかのママさんはどうしているんだろう?」とネットでアレルギーについて検索する日々が始まりました。

うれしいことに、たくさんのママさんの情報があって「手作り」している方が多いのがわかったのです。

「私もつくろう!」

初めは失敗ばかり。

うまく膨らまなくて、お団子のようになったパン。固くてせんべいのようなクッキー。

失敗の連続でしたが、続けるうちにコツもわかって、うまくふんわり作れるようになりました。

 

 

米粉のお菓子を届けたい

そして、そんなお菓子を持ち歩いていると「それ、何?私にも分けてほしいんだけど…。」

と同じアレルギーを持つママさんから声をかけて貰うようになったのです。

「困っている人は、いるんだ…」

そして、まずは近所の手作りイベントで販売をはじめました。

食べてくださった方から「米粉なのに、おいしい!」と言われると私もうれしくて、

どんどん販売できる場所をふやそうと、まず出店できるイベントを増やしました。

 

 

手作り作品で女性が輝ける場所を

そうやってイベントに出るようになると、いろんな方に知り合えます。

「作るのは楽しいけど、販売までは…」「外に働きに行きたいけど、子どもがまだ小さいから…」

こういったママの悩みを解決できるような場所があれば、と思って手作りのイベントを立ち上げました。

「作ったものを、ちゃんとお金で買ってもらえるこれは、「自分を認めて貰える」ということ。

ママが他人から評価される機会は少なく、普段家事に追われている主婦にとって自立への1歩を後押しできる自信につながります。

もっと女性が輝いてもいい!もっと楽しく、いきいきとしてほしい!!

そんな願いを、これからも後押しできたらうれしいと思います。 現在もお菓子の販売とイベントの主催を続けています。

ぜひ、女性の輝ける場所をもっと提供できたらうれしいと思います。